農学新時代 生物資源ゲノム解析センター 新領域の創出へ

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターは、文部科学省の平成20年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業として採択された「革新的ゲノム解析情報を用いた生物資源ゲノム解析と農学新領域の創出」プロジェクトの一環として、東京農業大学の全学組織として新設されました。生物資源ゲノム解析センターには、イルミナ社のゲノム解析装置が設置され、装置のオペレーターならびに情報解析や個別テーマの研究に関わる研究員が常勤スタッフとして活動しています。5年間のプロジェクトの成果をもとに、あらたに平成25年度より「生命科学と情報科学の融合による農学研究の拠点形成」をテーマとしたプロジェクトが採択され、本学におけるゲノム研究の中核として機能しています。
さらに、本センターは平成25年度より共同利用・共同研究拠点「生物資源ゲノム解析拠点」として文部科学省より認定をうけました。本拠点は、学外の専門家を含む運営委員会のもと、次世代シーケンサーをもちいた農学分野を中心とする新しい研究領域の開拓をめざし、広く学外の研究者が本センターを利用し、共同研究を推進することを目的としています。

近年では、次世代シーケンサーを使用した解析も多様化しています。ゲノムシーケンス、RNA-seq、ChIP-seq、repli-seq、TSS-seq、メチローム、メタゲノム解析など、またリシーケンスやde novo解析など様々です。当センターでは、これらの解析に対応するためイルミナ社のシーケンサーを所有し、大規模解析にHiSeq2500、リード長に優位があるMiSeqとそれぞれの特徴を生かし使用しています。また、これらの装置から得られるデータ解析のためのサーバー群として、総メモリ容量 約3TB、総ディスク容量 約450TBのシステムを運用しています。


新着情報

2016.11. 4
京都大学・福澤秀哉教授らとの共同研究。緑藻のカルシウム結合タンパク質による炭酸濃縮機構の制御に関する論文がProc. Natl. Acad. Sci. USAに発表されました。詳細

2016. 8. 4
東京農業大学は国立遺伝学研究所と包括連携協定を締結しました。詳細

2016. 7.25
バイオサイエンス学科 尾畑やよい教授らの研究成果。試験管内で卵子を作り出す手法に関する論文がProc. Natl. Acad. Sci. USAに発表されました。詳細

2016. 7.22
生物資源ゲノム解析拠点シンポジウム研究発表会を9/6(火)に開催します。詳細

2016. 7.20
生物資源ゲノム解析拠点 共同研究公募(平成28年度後期)を開始しました。詳細

2016. 6.23
生物資源ゲノム解析センター2016年度セミナーを7/29(金)に開催します。詳細

2016. 6.17
Quail genome consortiumによるウズラゲノムブラウザを公開しました。詳細

2015.11. 4
バイオサイエンス学科 坂田洋一教授らの研究成果。アブシジン酸シグナルに関する論文がProc. Natl. Acad. Sci. USAに発表されました。詳細

2015. 6. 9
バイオセラピー学科 三井裕樹准教授らの研究成果。ダイコンゲノム解析の論文がScientific Reportsに発表されました。詳細

2015. 2.26
産総研・二橋亮研究員らとの共同研究。トンボの色識別遺伝子に関する論文がProc. Natl. Acad. Sci. USAに発表されました。詳細

Illumina HiSeq 2500
Illumina HiSeq 2500