現在、Radish Genome Databaseのサーバーがダウンしています。誠に恐れ入りますが、復旧まで今しばらくお待ちくださいますようよろしくお願い致します。

農学新時代 生物資源ゲノム解析センター 新領域の創出へ

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターは、文部科学省の平成20年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業として採択された「革新的ゲノム解析情報を用いた生物資源ゲノム解析と農学新領域の創出」プロジェクトの一環として、東京農業大学の全学組織として新設されました。生物資源ゲノム解析センターには、イルミナ社のゲノム解析装置が設置され、装置のオペレーターならびに情報解析や個別テーマの研究に関わる研究員が常勤スタッフとして活動しています。5年間のプロジェクトの成果をもとに、あらたに平成25年度より「生命科学と情報科学の融合による農学研究の拠点形成」をテーマとしたプロジェクトが採択され、本学におけるゲノム研究の中核として機能しています。
さらに、本センターは平成25年度より共同利用・共同研究拠点「生物資源ゲノム解析拠点」として文部科学省より認定をうけました。本拠点は、学外の専門家を含む運営委員会のもと、次世代シーケンサーをもちいた農学分野を中心とする新しい研究領域の開拓をめざし、広く学外の研究者が本センターを利用し、共同研究を推進することを目的としています。そして、1期目の実績をもとに、平成31年度より、本拠点事業も2期目に入りました。

近年では、次世代シーケンサーを使用した解析も多様化しています。ゲノムシーケンス、RNA-seq、ChIP-seq、repli-seq、TSS-seq、メチローム、メタゲノム解析など、またリシーケンスやde novo解析など様々です。当センターでは、これらの解析に対応するためイルミナ社のシーケンサーを所有し、大規模解析にHiSeq 2500、リード長に優位があるMiSeq、柔軟かつ高速に対応できるNextSeq 500とそれぞれの特徴を生かし使用しています。また、これらの装置から得られるデータ解析のためのサーバー群として、総メモリ容量 約5TB、総ディスク容量 約1PBのシステムを運用しています。


新着情報

2021. 2.18
東京大学の野崎准教授らとの共同研究。藻類の葉緑体内にあるピレノイドと呼 ばれる構造体の形成には、RBCSタンパク質表面の疎水度が重要である可能性が示されました。本研究成果は、BMC Ecology and Evolution に掲載されました。詳細

2021. 1.13
京都大学・宮下准教授らとの共同研究。サソリの毒腺のトランスクリプトーム解析により様々なカリウムチャネル毒素様ペプチドを含むことなどを明らかにした研究論文がToxiconに掲載されました。詳細

2021. 1. 7
1月6日付の日刊工業新聞オンラインに、本学 河野友宏 名誉教授と東北大学大 隅典子 教授らの共同研究成果の記事(子どもの発達障害、父親の加齢影響 東北大が一端解明)が掲載されました。詳細

2021. 1. 7
1月5日付の朝日新聞デジタルに、本学 河野友宏 名誉教授と東北大学 大隅典子教授らの共同研究成果の記事(マウスでの父親の加齢が子どもの発達障害の発症に影響する)が掲載されました。詳細

2021. 1. 7
本学 河野友宏 名誉教授と東北大学 大隅典子 教授らの共同研究。高齢マウスの精子DNAメチローム解析により、REST/NRSF結合モチーフが低メチル化を引き起こし、後代の発生プログラムへ影響を与えることを明らかにした論文がEMBO reportsに掲載されました。詳細

2020.12.16
12月16日付の朝日新聞夕刊に甲州ブドウのゲノム解読に関する記事(白ワイン用「甲州」遺伝情報に赤の味 世界に類無き品種)が掲載されました。詳細

2020.12. 8
生物資源ゲノム解析拠点の2021年度(前期)共同研究課題公募を開始しました。(締切2021年2月1日)詳細

2020.12. 2
株式会社リバネス出版の「研究応援 vol.20」(2020年12月発行)に飛散花粉の解析を行っている当センター・田中助教の研究内容が紹介されました。詳細

2020.11.30
11月29日付の日経新聞朝刊に、甲州ブドウのゲノム解読に関する記事(白ブドウ「甲州」 ゲノムを解読、東京農大など)が掲載されました。

2020.11.18
11月17日付の山梨日日新聞に、甲州ブドウのゲノム解読に関する記事(甲州種ブドウ 赤と白の特徴 山梨大と東農大がゲノム解析 香りと渋み遺伝的裏付け)が掲載されました。詳細

2020.11.17
武蔵野大学・門多教授らとの共同研究。新規乳酸菌Enterococcus mundtii QU25のカーボンカタボライト抑制に関して遺伝子発現プロファイリングを行った研究論文がPLOS ONEに掲載されました。詳細

2020.11.10
武蔵野大学・門多教授らとの共同研究。DNAメタバーコーディング技術を利用した都市養蜂における蜜源植物を推定した論文がBMC Research Notesに掲載されました。詳細

2020.11. 5
山梨大学・榎助教らとの共同研究。甲州ブドウのゲノム解読に関する論文がfrontiers in Plant Scienceに掲載されました。詳細

2020.10.23
食品安全健康学科 岩槻健教授らの研究成果。食品安全健康学専攻 大学院1年 有永 理峰さんが日本味と匂学会 第54回大会 優秀発表賞を受賞しました。当センターでは、発現差異を伴う遺伝子を識別するためにRNA-seq解析を担当しました。詳細

2020.10.20
長野県野菜花き試験場 関研究員らとの共同研究。フザリウム病害耐性を示すレタスのQTLに関する研究論文がEuphyticaに掲載されました。詳細

2020.10.15
北方圏農学科 和田健太教授らの研究成果。エミューの親子鑑定マーカーの開発に成功した論文が、Geneに掲載されました。詳細

2020. 8. 3
2020年度(後期) 生物資源ゲノム解析拠点の共同研究課題公募を開始しました。(締切2020年8月31日)詳細

2020. 6.23
生物資源開発学科 和久井健司教授らの研究成果。カブの雄性不稔性に関与するBrEMS1遺伝子に関する論文が、Molecular Breedingに掲載されました。詳細

2020. 6. 3
香川大学・市村教授らとの共同研究。シロイヌナズナの植物病原細菌に対する免疫受容体遺伝子とRNA品質管理による制御との関係性を示す研究論文がPlant and Cell Physiologyに掲載されました。詳細

2020. 4. 9
岐阜大学・小林准教授らとの共同研究。シロイヌナズナのアルミニウムおよびプロトン耐性の制御関連遺伝子に関する研究論文がfrontiers in Plant Scienceに掲載されました。詳細

2020. 2. 1
長野県野菜花き試験場 ・関研究員らとの共同研究。玉レタスのTCP転写因子に関する研究論文がHorticulture Researchに掲載されました。詳細

2019.12.20
2020年度(前期) 生物資源ゲノム解析拠点の共同研究課題公募を開始しました。(締切2020年2月3日)詳細

2019.12.12
奈良県立医科大学・小林講師らとの共同研究。霊長類および齧歯類のDNAメチローム比較解析による種特異的なゲノム刷り込み機構の成立機序解明に関する研究論文がNature Communicationsに掲載されました。詳細

2019.11.20
京都大学・増田准教授らとの共同研究。抗ガン活性フラボノイドによる遺伝子発現制御機構に関する研究論文がiScienceに掲載されました。詳細

2019.11.11
信州大学・高谷助教らとの共同研究。肉用鶏と卵用鶏の骨格筋芽細胞における遺伝子発現を比較解析した論文がScientific Reprotsに掲載されました。詳細

2019. 9.30
岡山大学・宮竹教授らとの共同研究。コクヌストモドキの死んだふりを制御する遺伝子群を解明した論文がScientific Reprotsに掲載されました。詳細

2019. 9. 4
京都大学・上村教授らとの共同研究。ショウジョウバエを用いた、栄養に柔軟に適応し成長するシステムの解明に関する論文がCell Reportsに掲載されました。詳細

2019. 7.16
生物資源ゲノム解析拠点の共同研究課題公募を開始しました。(締切8月30日)詳細

2019. 4. 2
生物資源ゲノム解析センターが生物資源ゲノム解析拠点として文部科学大臣より共同利用・共同研究拠点の認定を受けました。今後、共同研究の公募などを行っていきます。

Illumina HiSeq 2500
Illumina HiSeq 2500